ママ看護師として復帰するには

復帰にあたって気になる疑問!

ママ看護師として復帰するには



看護師は女性の方が多い職業です。そのため、妊娠や出産をきっかけに職場を離れるという方も多いですよね。育児休暇を取って子育てが落ち着いたら働いていた職場に復帰するという方もいます。

しかし、様々な理由から復帰が難しい方もおり、ブランクが長くなってしまうケースもあるようです。

そこで、ママ看護師として働ける職場を探すにはどうしたらいいのかをご紹介しましょう。
准看護師の派遣、勤務先選びの注意点

まず、適当に就職活動を始めてしまうのではなく、しっかりとスケジュールや計画を練っていくことが大切です。例えば、小さな子供がいる場合には働く時間や曜日についても相談したいですよね。

これから復帰を考えているのであれば、子どもを預ける保育園についても考える必要があります。公立保育園の場合は必ずしも入園できるとは限らないので、私立保育園や保育ママといったものも検討してみましょう。

次に、職場と保育施設の距離や自宅との距離についてもチェックが必要です。 あとはやはり勤務時間に関しても確認しておいた方が良いでしょう。 子どもを保育園などに預ける場合、送迎に間に合う時間内で働く必要が出てきます。

延長保育になってしまうと、延長料金が発生してしまうこともあるため注意しなければなりません。

最後に、雇用形態についてもよく確認しておく必要があります。できれば常勤として働きたいという方も多いかと思いますが、時間の融通が利きやすいのは非常勤です。

このあたりはボーナスや福利厚生も違ってくるので、様々なことをまとめて検討しなければなりません。

パパの協力も必要になってくると思うので、自分1人で決めてしまうのではなく、相談をしながら最適な職場を探していきましょう。それから、精神的なストレスについても考えておいた方が良いですね。

子育てと仕事のストレスに追われてしまい、体調を崩してしまう方は珍しくありません。たまには一人で好きなことをする時間を作ったり、ストレス対策も検討していく必要があります。

看護師の転職時期

看護師は転職率の高い仕事としても知られています。女性が多い職種ということもあり、結婚や出産なども大きく関係していますが、スキルアップや人間関係の悩みの原因で職場を離れてしまう方も多いようです。

ですが、転職をするとなれば時期についても考えなければなりません。時期選びを間違えてしまうと、求人情報がほとんど出ていないケースもあるので注意しておきましょう。

まず、最も看護師の転職に適している時期というのはやはり求人情報が多い時期ですね。魅力的な求人情報も出やすくなるので、好条件の職場を探したいと思っている方も求人情報が多く出回る時期をねらってみると良いでしょう。

具体的にいつからかというと、年度の変わり目である3月~4月が代表的です。 それから、夏のボーナスを受け取った後の7月、期の変わり目となる9月~10月、冬のボーナスを受け取った後の12月も職場を離れる方が多く、求人情報もたくさん出てきます。

それから、自分の時間がしっかり取れる時期を選択するというのもおすすめです。 例えば、転職活動に取れる時間が少ないとどうしても得られる情報というのは限られてしまいますよね。

焦って転職をしてもうまくいく可能性は低くなってしまうので、最低でも準備期間として情報を収集するために1ヶ月~2ヶ月ほどはかけましょう。

さらに引き継ぎなどのことを考えると最低でも転職の3ヶ月前からご準備を始めておきたいところです。

ただ、最適な時期について考えるよりも、とにかく今すぐ職場を離れたいと考えている方もいるかもしれません。しかし、急いで情報を集めるというのは非常に難しく、限られた時間の中で求人情報や職場の情報を集めると、間違った情報を手にしてしまう可能性もありますよね。

そういった状態で職場を探しても納得のいく職場選びはできないでしょう。 できるだけ時間のない中で急いで転職をしたいと思っているのであれば、転職支援サイトを利用すると良いですね。

ある程度まだ今の職場に耐えられると思っているのであれば、求人情報が多く出回る時期のうち、自分に向いていると思う時期を選択してみましょう。